結婚式に出席できない場合は電報を贈る

スポンサードリンク

結婚!それは、ほとんど全ての人にとっても例外なく人生最大のイベントのひとつだといえるでしょう。

結婚をすれば、大抵の人たちは結婚式をあげるものだとは思います。中には様々な事情、
理由があったりして結婚式をあげない方々もいることでしょうが、知り合いで 結婚式をあげると
わかったらお祝いの気持ちと、真心をこめて何かしてあげたいと考えるのものではないでしょうか。

結婚式
への招待状が届けば、もちろん出席して祝ってあげることが最高によいことなのですが、
仕事の都合、家庭の事情なので出席できないケースもなかにはあると思います。
そんな状況の時によい方法があるのです。

それは、電報贈るのです!
もちろん、ちゃんと結婚式に間に合うようにすることは言うまでもありません。

もう一つ電報を贈る際の注意事項があります。
お届けしてもらう地域とお届け時間です。

この2つの確認が非常に重要になります。地域によっては届けることが不可能な地域であったり、
また、電報の種類によっては贈ることが出来なかったりします。
それとお届け可能な物や地域であったとしても日数を幾日か要したりするからです。

この点は早め早めに確認をしておいて準備してくださいね。

結婚式の電報を断られるケース

結婚式電報を贈ることはよくあるお祝いのひとつですが、事前に「祝電などは・・・」と
言われてしますことも結構よくあるものです。
これには大抵の場合の理由としては2つの理由が考えれます。

1つは「海外で結婚式をあげる」ケースです。これは分かりますよね、出席できないからせめて
電報をと考えてくれるのはありがたいのですが、海外へ電報は・・・というお気遣いですので
汲み取ってくださいね。

2つ目は、電報を贈ってもらうのは非常にうれしいしありがたいのですが、意外といただいた返礼
大変なのです。なぜか?それは結婚する当事者の2人は、とかく結婚するとバタバタしてしまってます。
その辺を考えてあげてゆっくり落ち着いてからのお祝いをして差し上げてください。

SPONSORED LINK

スポンサードリンク

電報の申込方法

電報はどこへどのように申し込めばいいのだろう?聞かれたらあなたは真っ先に電話をかけてNTTへと答えるのではないでしょうか。
もちろん間違いではありませんが、インターネットからでも電報を打てるってご存知でしたか。ステキなカードと共に、参考になる文例もたくさんありますのでインターネットから電報をされることをおすすめします。